便秘
 
 
 

MENU

便秘薬で便秘解消

排便困難を悪化させないための便秘解消法のひとつに、便秘薬があります。

便秘はだれでも経験がある症状ですが、酷くなるといろいろな病気の原因になりますし大変つらく苦しいものです。便秘解消の方法には適度な運動や水分補給がよいとされていますが、悠長なことを言っていられない場合もあります。

1週間以上詰まってしまってお腹が痛い、などという場合は便秘薬を使ってすみやかにお通じを得ましょう。

一言で便秘薬といっても、いろいろなバリエーションがあることをご存知ですか。便秘薬には機械的下剤と刺激性下剤があります。機械的下剤もいくつかの種類に分類されます。

浸潤性下剤と膨張性下剤・塩類下剤と糖類下剤です。

浸潤性下剤とは便の表面張力を落として便を軟らかくする便秘薬です。膨張性下剤は水分を吸収して膨張し、便の体積を増やして排便を促します。

これらはどちらかというと緩やかに作用する便秘薬です。塩類下剤は腸に水分を与えます。長期服用に適した習慣性の無い便秘薬です。糖類下剤は浸透圧の力を借りた下剤です。

一方刺激性下剤は腸の粘膜を刺激して便を出やすくします。お茶などで有名なセンナはこの刺激性下剤に分類されます。

そのほかにも自律神経に作用して、腸管神経を刺激し排便を促す薬もあります。さらに効果てきめんなのが浣腸ですよね。

子供の頃されたという思い出のある方や、内視鏡検査や手術前にされたという方もいるのではないでしょうか。

それぞれ効き方も異なりますし、体調によっては避けるべきものもあります。

ひどい便秘でお悩みの方は、医師や薬剤師に相談して合ったものを使用してくださいね。

便秘インフォメーション

2016年12月25日 - こんにちは、かんどーです。みなさんメリークリスマス。タイトルの通り。今日は便秘薬の 話です。 食事中の方や、そういう話が苦手な方は読むタイミングを改めてください。 改行 改行 わたしは、「プルセニド」という便秘薬を愛用してます。
便秘薬を飲み続けるとテロ級におならが臭くなる話 - 接客業はつらいよ ...

Copyright(c) 便秘解消ナビ All rights reserved.